写真撮影のテクニック

卒園アルバムには写真が必要ですが、上手く写真を撮ることはなかなか大変なこと。これに苦労している保護者は多いことでしょう。しかし、ポイントを意識するだけで写真はグッと良くなるのです。特に失敗しがちなのは個人写真でしょう。子どもを真正面から撮影しなければなりませんが、そこでサイズいっぱいまで顔を入れてはいけません。これでは窮屈なイメージを与えてしまいます。そのため、頭上にコブシひとつ分のスペースを空けましょう。これによって全体をスッキリと見せることができるのです。そして、左右にも余裕を持たせるようにしてください。

スマホそして、自宅で個人写真を撮影する場合は白い壁をバックにしてください。これによって光が反射するので、いきいきとした表情になるのです。壁紙によって光の反射が変化しますので、何枚かテストをしておきましょう。また、屋外で撮影をする場合は逆光に注意してください。逆光では顔に影ができてしまうのです。被写体の正面から光が差すようにしてください。

また、子どもが何かに集中している姿を撮影するのであれば、スマートフォンのカメラをおすすめします。スマホであればその瞬間を逃すことがありません。しかし、スマホはシャッター音が鳴ってしまうので、シャッター音を消すアプリをインストールしておきましょう。